MENU
このブログについて
Author:ken4
東京都渋谷区在住。気づけば40代半ば。5人家族のお父さん。Web系フリーランス。定番モノ好き。エイジング好き。

アークテリクスのシェルジャケット「ベータSL」は街着と自転車通勤にかなりオススメ。

春秋で欠かせない定番アウターが、アークテリクスのジャケット「ベータSL」だ。ちょっと肌寒いときや、ダウンほどじゃないときに、パッと羽織れる手軽さとコーデのしやすさはまさに定番モノです。

アークテリクスのベータSL

正直、この「ベータ SL」と同じくアークの「アトム AR フーディー」があれば、街着アウターはもう他に必要ないよねっ!てくらいの満足度。ここ何年か他のアウターに目移りしなくて困ってるくらい(笑)

目次

GORE-TEXな使い勝手はまさにギア

買ったのは2016年。サイズはMで色はブラック。シンプルなデザインとブラックカラーゆえ、何も気にせず考えずサクッと使える気軽さがとにかくいい。

丸めてリュックに突っ込めるタフさも道具(ツール)って感じがして好ましい。本来アウトドア用のギアだからあたり前だけどw

生地はGORE-TEXで防水仕様だから雨が降っても大丈夫。激しい夕立はさすがに厳しいけど、雨の降り始めや小雨くらいなら、フードをかぶれば雨合羽代わりにもなる。

おかげで、手持ちの折りたたみ傘を使わないことが多くなった。雨はギアの本領を発揮できて嬉しいくらいだったりする。

スリムシルエットで街着にも使える

アークテリクスのベータSL

アークテリクスといえば立体裁断。アルファほどじゃないとはいえベータも立体裁断なので、腕を上げたり回したりしても突っ張ることもなくめちゃ動かしやすい。

腰回りはタイトめで丈も短めなので腰から下、足の機動性もバッチリ。決して窮屈じゃないシルエットは考えられてるなーと。なにより、スリムでシュッとしたシルエットが最高にカッコイイ! 街着メインで使うなら着用時の美しさは重要。

その点、アークは本格アウトドアブランドでありながらスリムシルエットなので、どんなコーデにも合わせられる。ゆえに街着で羽織るなら間違いないアイテムだと思う。

アークは着るだけで誰しもがオシャレになるという魔法もあることだし(笑)

自転車通勤にも合羽がわりに使える

アークテリクスのベータSL

ちょっと寒いときはもちろん、自転車で通勤するさいの頼れる相棒でもある。自転車に乗るとき裾のドローコードでフィット感を高めて防風性能をアップできるし、もちろんフードも絞れる。どっちもチャリ通勤でかなり重宝してる機能だ。

ちょっとした雨が降ってきても心配なし。そもそもシェルなんて雨合羽だから少々の雨ならかかってこんかい!状態。もちろんフードかぶっても顔は濡れるけどね(笑)。ほんと機能性抜群。さすがです。

ハーレー乗りな俺だけど、春秋のツーリングにもベータSLを愛用している。もちろん保温機能はないので、インナーにスエットやフリースを着て、シェルの防風機能をフル活用。シェルだと風を防いでくれるのと、圧倒的な軽さでかなり疲労感が軽減される。

バイク乗り的にもツーリング最強ギアの一つ。

悩ましいサイズ選びは小さめで

アークで気をつけたい&悩ましいのがサイズ感。175cmガッチリ体型の俺はMサイズを選択したけど、体型や好みで微妙に変わってくるので、できれば店舗での試着がオススメ。

アークはカナダブランドなのでサイズ表記は大きめ。日本人としては1つ2つ小さめで選ぶほうが良い感じ。試着したところSサイズでもいけなくはなかった。

Sサイズだとより細身になってシュッとしてカッコイイ。でも腕を前に伸ばすと袖がジャストサイズだし、腕を動かすとちょっと突っ張るのが気になる。

街着としてのカッコよさ重視ならSサイズ。でも、やっぱりアウターとして着たいし、なんならバイクで走る時にも羽織りたかったので、やっぱり機能性が大事だよと。

となると余裕のあるMサイズを選びました。実際、4シーズン着てみて思うにMサイズで間違いなかったなって。

蒸れと寒さに注意

アークテリクスのベータSL

男子的な大好きワード「GORE-TEX」だけど、蒸気を通すとはいえやっぱり蒸れる。もうかなりの勢いで蒸れる(笑)。あつがりな俺の場合、春秋で天気がイイ日中とか、酒飲んで乗る地下鉄社内とかだと、豪快に蒸れて汗が流れるほどだ。

あと、シェルジャケットは寒い。ハードシェルだとしても寒い。まったく暖かくない。外からの風は防いでくれるけど、体温を保ってはくれない。

シェルはあくまでカッパみたいなもんなので、インナーにスエットやフリース、それこそライトダウンを着て暖かさを確保する。これが正解。

なので街着としても春秋がメイン。冬は保温力のあるアウターがメインになる。俺の場合は同じアークテリクスのアトムARフーディーね。

ベータ?SL?どういう意味?

アークテリクスのベータSL

ベータSLのベータは「ハイキング / トレッキング」のオールラウンドで、着丈はお尻が半分出るくらいなのでシャープな見た目。

SLは「スーパーライト」なので生地が薄めで超軽量で着心地よし。つまり、ベータSLはどんなシーンでも使える超軽いジャケットてこと。

他にも、アルファ、シータ、SV、AR、LTなどあって、着丈うや生地の厚さ、利用シーンでいろいろと区別されてるんだけど、正直なところあまり気にしなくてOK。街着で使うなら「ベータSL」一択!ベストバランスだと思う。

まとめ

購入してから4シーズン、春秋ジャケットの王様として君臨中。アークの妥協なき機能性とシンプルなデザイン性は他にない魅力なので、妥協せず憧れの始祖鳥GETで正解だった。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京都渋谷区在住。気づけば40代半ば。5人家族のお父さん。Web系フリーランス。とまらない物欲。定番モノ好き。エイジング好き。夢は家族でハワイ旅行。

目次
閉じる