MENU
このブログについて
Author:ken4
東京都渋谷区在住。気づけば40代半ば。5人家族のお父さん。Web系フリーランス。定番モノ好き。エイジング好き。

夏のビーサンはやっぱりげんべい。2代目は「紺×白」の配色で。

夏の足もとといえばビーサン。もちろん、チャコのサンダルやアイランドスリッパのサンダルも愛用してるけど、ちょっと近所の駅やコンビニまでとか、それこそ玄関先で荷物の受け取りにって場合に気軽に引っかけられるのがビーサンの魅力だ。そんな使い勝手のいいビーサンでここ何年か愛用してるのが、げんべいのビーチサンダルだ。

げんべいのビーチサンダル

げんべいは、葉山にあるビーチサンダル専門店。お店は湘南・葉山にあって、地元では有名なお店だそう。歴史は古く、江戸時代(1863年頃)に足袋屋として創業した、歴史のあるビーチサンダル屋さんだ。

げんべいのビーサンは、​鼻緒とソールの色を自由に選んで組み合わせることで、自分だけのオリジナルビーサンをデザインできるので、夏の足もとで個性を出したいなら最高だろう。

ちなみに以前、愛用していたげんべいのビーサンーサンは、履きに履き倒してソールがすり減り惜しまれつつ勇退。色の組み合わせは、ソールが白で鼻緒が紺色だった。今回の組み合わせはソールが紺色で鼻緒が白。前と逆になっただけw

履きやすさも侮れない。げんべいのビーサンは鼻緒とソールが天然ゴムでできていて、鼻緒は足が痛くならないし、ソールは足に馴染んでくれる。そして、つま先が低くかかとが高いので歩きやすい。これは、つま先よりかかとが約2mm高いデザインになっているからで、つま先が引っかかることなく足先がスムーズに前に出せるのだ。

サイズは15cm〜32cmまでなので、子供から大人まで使える。小さい子供のビーサンっていいモノがなかなかないから重宝するはず。俺も最初は、子供のビーサン探しでげんべいに辿り着いたくらいだったし。

何より、これで一足1,050円(税込1,155円)だからコスパ最高すぎる。

げんべいのビーチサンダル

久々にげんべいのサイトを覗いてみたら、2020年からデザインが新しくなって「5代目モデル」が登場していた。ビーチサンダルの歴史を参照したところ、俺のビーサンは「國光モデル」っていうのか。知らなかったw

5代目モデルの改良点は以下。

  1. 履いた感触がより柔らかに
  2. 小指を守るソール形状に
  3. 鼻緒のフィット感が向上

なるほどなるほど。どれも素晴らしいけど、小指部分のソールが広くなっているのが特に素晴らしい。俺も穿いてて少し小指が出ちゃうのが気になってたよ。こういう利用者目線での改善がちゃんと行われるのって共感&好感だな。

5代目モデル気になるなあ。今のビーサンも鼻緒にひび割れが目立つし、そろそろ買い替えてもいいかなあ。ていうか、安いから複数持っててもぜんんぜん使えるし。来年買い足そうかな。

げんべい公式オンラインショップ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京都渋谷区在住。気づけば40代半ば。5人家族のお父さん。Web系フリーランス。とまらない物欲。定番モノ好き。エイジング好き。夢は家族でハワイ旅行。

目次
閉じる