MENU
このブログについて
Author:ken4
東京都渋谷区在住。気づけば40代半ば。5人家族のお父さん。Web系フリーランス。定番モノ好き。エイジング好き。

ノースフェイスのドーローライトパンツは穿き心地抜群で最高に使える。

ノースフェイスのドーローライトパンツ

春から夏、秋にかけてのお気に入りのパンツが、ノースフェイスの「ドーローライトパンツ」だ。デニム好きを自負する俺だけど、ここ1年半くらいはデニムをお休みしてて(太ったのも理由だけど……)ひたすらドーロ−パンツを穿きまくってる。その高いデザイン性と機能性、快適な穿き心地は一度体験するともう手放せない。

ノースのストレッチな山パンツといえば、「アルパインライトパンツ」が有名かつ定番だけど、実はこのドーローライトパンツがかなり優秀で個人的にはイチオシなのだ。アルパインライトパンツとドーローライトパンツで何がどう違うのか?というと、ざっくり言うなら、ドーローライトパンツのほうがより街着に「丁度いい」と言える。例えば、全体的なシルエットはほとんど同じだけど、素材とか縫製が違うんだよね。

ドーローの生地はアルパインよりも薄手でとても穿きやすい。これ生地の素材に新開発の「SOLOTEX(ソロテックス)」を使ってて、まるでコットンかのような風合いと肌触りのソフトな履き心地は、これほんとにポリエステルの仲間なの?と驚きを隠せない。ソフトでサラッとした着心地だから、春秋はもちろん夏でも快適に穿けるよ。

さらに、ソロテックスは発色がいいのも特徴で、深く鮮やかな色彩が強み。毎日のように穿いてるけど、色あせはかなり抑えられてて、長持ちする感じ。特に、ブラックの黒はより黒い色で、言うなれば漆黒に近い。アークテリクスのアトムフーディーの黒と比べるとドーローの黒にびっくりするくらいだ。

あとポケットがジップになってないのも重要で、山とかアウトドアならジップも便利だけど、街着メインならジップじゃないほうが手もひっかからなくて心地いい。もちろん、右のバックポケットはちゃんとジップだから財布を落とす心配はなし。良く出来てるよ。あと、アルパインにあるような立体裁断ぽい縫製も最小限なので、肌にへんな違和感を感じることもない。

そして最も重要かつ衝撃だったのがストレッチの機能性だ。実はここ1、2年で体重がまた増えてしまって、ずっと穿いてたボンクラの66モデルがちょっと厳しくなり……。さらに仕事がチャリ通になったのもあって、この機会にと軽量かつストレッチなノースの山パンを試してみたら、まさかここまでどハマリするとは……。

とにかく軽いしよく伸びるから、自転車を漕いでても邪魔にならず軽快に走れるんだよね。デニムだと正直こうはいかないよなぁ。あとシルエットも裾が細いからチェーンに当たって汚れることもない。うーん、完璧じゃないだろうかこれ。よく、一度ストレッチを体感するともう戻れないって聞くけど確かに!

ちなみに、真夏は同じノースのバーブライトパンツを愛用中。より軽くて薄手でさらりとした生地感が汗かきさんには最適なアイテムと言える。穿いたときの冷っとした感触がたまらない。ドーローライトパンツとバーブライトパンツの2つ使いが最強と信じてやまない今日このごろだ。

左膝にあるブランドロゴのワンポイトも特徴的。ドーローのロゴは刺繍。なんで膝にロゴ?って最初は思ってたけど、今ではこれはこれで格好いいと思えるようになった。会社の人に膝にゴミが付いてますよ?って言われたことあるけどねw

ノースフェイスのドーローライトパンツ

175cm、80kgの俺でサイズはLが丁度いい。Mだともっとスリムになるしシルエット重視ならなくはなかったけど、迷ったときは大きめサイズを選ぶことにしてるので、Lを選択。結果、動きやすくて正解だった。痩せる予定だったけどまだ痩せてない(むしろ増量中)のは言わない約束w

そんなわけで、ノースフェイスのドーローパンツをただのナイロンパンツと侮るなかれ。要は、アルパインライトパンツのシルエットはそのままに、街着仕様に落とし込まれたパンツなのだ。

一本持っておくとこれほど重宝するパンツも無いんじゃないかな。穿くだけでお洒落に見えちゃうシルエットと、肌触り最高の素材と素晴らしい発色。そして主張するお腹に優しいストレッチ性。もはや文句なし。これからも長い付き合いになるだろう。

THE NORTH FACE Doro Light pants
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京都渋谷区在住。気づけば40代半ば。5人家族のお父さん。Web系フリーランス。とまらない物欲。定番モノ好き。エイジング好き。夢は家族でハワイ旅行。

目次
閉じる